チコちゃんの顔が変わった?どういう仕組み?

Sponsored Link

チコちゃんの顔が….

NHKが毎週金曜日の夜7時57分から放送している

「チコちゃんに叱られる」。

番組タイトルだけでも、天下のNHKにしては、

大胆な番組タイトルになっているのではと感じます。

番組のメインでもあるのが5歳児のチコちゃんですが、

クイズに答えられない出演者には、

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

とお叱りの言葉が浴びせられるのです。

そのチコちゃんの着ぐるみの表情が

めまぐるしく変わる事がかなり、話題になっています。

 

Sponsored Link



 

着ぐるみのチコちゃんが変わる!?

NHKで放送されている「チコちゃんに叱られる」では、

MCのナイナイの岡村さんと着ぐるみのチコちゃんが雑学クイズの番組を進行しています。

着ぐるみのチコちゃんですが、出演している方が答えを間違えたり、

全員が正解すると、なんていいツッコミをするんだろ~と感じてしまいます。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

「ほんとお前らつまんねーな!」

などを連発したりもしています

そんな時に必ず、チコちゃんの表情が変わったりするのです。

この微妙な表情が着ぐるみではどうしても作れない

のは気持ちの上ではわかっているのですが、

どうしても不思議な感覚にとらわれてしまいます。

このチコちゃんの顔の顔が変わる事にいち早く察知したのが、

テレビ離れがいわれている、若者世代なのです。

「たまに番組は見ていましたが、微妙な顔の変化があるのに気が付きました。」

「CG何だろうけど、岡村さんたちにはどう見えているんだろうか?」

などの疑問が数多くツイッターなどで話題になっているのです。

 

チコちゃんの顔はどうやって表情を付けているのか?

着ぐるみのチコちゃんの表情がめまぐるしく変わっているのは、

視聴者の方にとっては非常に不思議な事と感じている事でしょう。

今の最新技術を用いることで、着ぐるみの表情を簡単に変える事は可能です。

AR技術という物を活用しているのか?とも考えましたがそこまで、

長くこの技術を使えるのかも疑問に思えますので、

やはりここはCGを表情に当てている事になりそうです。

NHKの方でもチコちゃんの顔の表情は

CGを使って行っているということを明かしていますから、

番組撮影後に顔の表情をCGに置き換えているという事なのです。

出演者は顔の表情が変わらないチコちゃんに叱られているという事になります。

チコちゃんの表情は3Dで読み取ってから

CGを作り上げていく方法を取っているようですから、

マッピングとは確実に違います。

1番組でチコちゃんのカット数が約200カットあるようで、

それに全てCGを当てると7人のチームで3週間かかっている様です。

現在NHKではこのCGチームを3チームにして対応しているそうです。

それだけチコちゃんに時間と労力があてがわれているという事なんです。

ここまでやって低視聴率だったらと思うと怖いですよね。

まとめ

チコちゃんの顔が変わるのはどういう仕組みなのかについて紹介してきました。

NHKでもジワリと人気が右肩上がりになっているチコちゃんですが、

それだけ、裏方さんの仕事量が半端ない状態という事になっていました。

番組を見ているとあっという間にエンディングになってしまうのですが、

1本作るのに3週間という時間を聞くと腕枕しながら見ていては

作っている方に申し訳ない気持ちになってしまいそうですね。

★関連記事

〇チコちゃんグッズ販売で、チコちゃんの中の人って誰?騒動?
〇”チコちゃんに叱られる”の人気は岡村から?
〇チコちゃんの声の声優は誰?えーっまさかの??
〇キョエちゃんのかわいい声の声優は誰?グッズがかわいすぎ

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください