加藤浩次がスッキリでキレる訳と何故MCとして評価されるか?に納得

Sponsored Link

加藤浩次がスッキリで評価されるか?

日テレの朝の情報番組「スッキリ!!」

でMCを務める加藤浩次さんです。

歯に衣を着せぬ発言が今までの情報番組と違って、

視聴者に近い感覚の番組になっており、

2006年の放送開始から12年経っても

その人気ぶりは落ちる気配がありません。

加藤浩次さんのキレっぷりが関係しているのでしょうか。

Sponsored Link



 

 

加藤浩次さんがスッキリでキレる訳とは!?

お笑いコンビ極楽とんぼの加藤浩次さんが、

MCを務めているスッキリで、

事あるたびに頭を抱えたり、

ワイプで別の人が映っている時に、

怒りの声が聞こえてきたりと自分が納得いかないと、

TV放送にも関わらす、キレる姿が放送されています。

加藤浩次さんの元々のキャラもキレ気味の物が多いですから、

ある程度日テレ側もそのキャラをうまく利用して?

の番組作りをしているのでしょう。

加藤浩次さんがキレてるで検索をかけると一番多く出てくるのが、

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の内容です。

元スマップのメンバーの3人がメインで受賞したにも関わらす、

番組編集では不自然にこの3人がカットされている事に

「出てこねーじゃん!うまく編集するね~なんだよそれ!」

と怒りをあらわに、

その後も怒りが収まらない様子がワイプ映像でながれていました。

日テレ側がジャニーズ事務所に対しての配慮で編集したことは明らかで、

編集内容にケチを付けている事は明白です。

情報番組なの事実を報道していない事に、

納得がいっていないのでしょう。

香取慎吾と仲がいい事もあってキレているという所もあるのでしょう。

どちらにしてもスッキリで加藤浩次さんがキレている時は、

確実に自分が納得いっていない時が圧倒的に多いという事です。

 

加藤浩次さんが何故MCとして評価されているのか?に納得!?

加藤浩次さんがMCを務めているのはスッキリだけではなく、

他にも多数番組を持っています。

全てがそうとは限らないのですが、

確実に番組の視聴率を取っているのです。

それは番組MCとしての評価が高い為です。

なぜ加藤浩次さんのMCとしての評価が高いのでしょう。

1.視聴者目線

番組内でも自分が納得いかなければグイグイ核心をついてくる。

視聴者目線でツッコんでくれるので、納得して番組が見れる。

他の事務所のコメントしにくいタレントを扱う場合でも、

うまくごまかしながら番組をまとめて行く。

 

2.人柄がいい

他の情報番組のMCと違って、

コメンテーターにすぐ振るのではなく、

自分なりの意見を踏まえながらコメンテーターに意見を聞く。

愛妻家で子煩悩な父という印象も強く、

誠実な印象が視聴者に好印象を与えている。

チームワーク重視で制作に意図も考慮してくれる

とスタッフからの受けもいい。

 

3.柔軟な対応力

番組内容やコメンテーター等の発言に対して

柔軟な対応をすぐに取っている対応力。

状況・状況によって自分の役割を把握して、

どの役割に徹するのか瞬時に判断している

コメントを言う時も相手によってぶれる事がないだけでなく、

相手への質問に対しても柵的ない様な物はない。

 

これ以外にもかなりの高評価を得ている事がわかっています。

キャラ的にはキレ芸ですが、

実はかなり頭の回転が良く回りを見ているタイプの様です。

 

まとめ

加藤浩次がスッキリでキレるわけと、

MCでの評価が高い訳について紹介してきました。

スッキリに関しては、

近藤春菜さんが相方を務めていますが、

コメントに詰る時もたた見受けられます。

それだけ加藤浩次さんが番組に対して、

熱い物を持っているからなのでしょう。

またMCとの評価の高さは、かなり前から評価されており、

スタッフの受けもかなり評判がよいとの事です。

郷に入れば郷に従えという事をわかってるという事なんでしょうね。

★関連記事

〇工藤阿須賀の家族が凄すぎた!工藤公康ファミリー?
〇ZIPに抜擢された工藤阿須賀って誰?選ばれた理由の説とは?
〇スッキリの”天の声”が山ちゃんだけでなくなった本当の理由
〇日テレ”スッキリ”の高視聴率は何故?コメンテーターのおかげ?
〇スッキリの加藤の嫁がマジでかわいい?
〇極楽とんぼの加藤って?スッキリの加藤と別人?

 

Sponsored Link



 

Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください