熊本市議って大丈夫なのか?のど飴騒動がヤバ過ぎる

Sponsored Link

熊本市議のど飴で8時間

9月28日にまたも熊本市議会が話題の出来事で、

世界中を巻き込んだ議論が起きています。

それは、質疑の為に壇上に上がった

緒方夕佳市議が喉アメを口に入れたまま質疑を行った事に、

他の議員たちが非難を浴びせ、議会運営を止めてしまったためです。

それも8時間

結果的に緒方夕佳市議に懲罰が下される結果となっています。

Sponsored Link



 

熊本市議は本当に大丈夫なのか?

最近の熊本市市議会は全国のメディアに取り上げられる事態が多く感じませんか?

市役所員に対するパワハラを行った事と

不正資金流用疑惑で辞職勧告を無視し続けた

北口和皇市議が酷い印象でしたが、

実な今回の緒方夕佳市議も

2017年に全国ネットで話題に上っている市議なのです。

市議会議場に抱っこされた赤ちゃんを連れて

40分間議会を止めた経緯のある市議なのです。

今回はこの緒方夕佳市議が喉の調子が悪く、

喉アメを切らせるとせき込んでしまい質疑に影響がでるからとの理由で、

喉アメを口に入れたまま質疑を行おうとしたという事で、

議会が紛糾する事態に発展しまったのです。

熊本市議会の議会内ルール?には、

飲食しながらの質疑応答については記載がないという事ですが、

議会を8時間も止めてまでこだわる必要性があったのか?

緒方夕佳市議が素直に認めアメを口から出して、

再度、質疑応答を行えば良かったのではとも思えます。

口の中に物を入れながら話す事は、

日本人にとっては相手に失礼という風習がありますからこの辺りは、

どちらも柔軟な姿勢で対応するべきだったのではないでしょうか。

喉アメ騒動が世界のメディアに取り上げられるほどの騒動なのか?

今回の件では、日本では賛否が分かれている結果になっていますが、

アメリカとイギリスのメディアがこの出来事を取り上げているのです。

女性議員が行った行動に対する議会の対応についての記事のようですが、

アメリカのメディアでは、

意外とさらっとした内容だったのに対して、

イギリスのメディアはかなり食い付いた内容の記事になっています。

要は喉アメの為に議会を止めてまで紛糾する事態ではない事は明らかで、

日本の議会は柔軟性を欠いており硬直化した議会運営を行っている。

また年功序列型の議会運営にも、

疑問を投げかけている内容になっています。

イギリスのメディアが言いたい事は何となくわかる気がしますが、

お国柄の違いもあるという事を

少しは念頭に入れておくべきではないでしょうか。

古来日本の議会は神聖的な扱いをしていますから、

余計にアメを舐めながら質疑を行った事が、

議会を舐めているという事に映ったのかもしれません。

この緒方夕佳市議は赤ちゃんを連れてきた時も、

議会に事前連絡せずに連れてきた経緯があるので、

今回も事前に議長なりに状況説明をしておくべきだったのではないでしょうか。

まとめ

熊本市議は本当に大丈夫なのか?

について紹介してきました。

熊本大震災の復旧作業を行いながらの議会運営になっていると思いますから、

ちょっとした事で紛糾するのはどうかとは思いますが、

緒方夕佳市議や北口和皇市議の両女性議員方は

確実に身勝手な行為と判断されても致し方ない行為とも言えます。

いくら市民の票を獲得して市議になったからと言って、

その上に胡坐をかいているというのはどうかと思います。

一番身近な政治家なのですから、

せめて市民の模範となる様な

行動をとるべきなので

Sponsored Link



 

Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください