大食い選手権に出る人のトレーニングがヤバイ?

Sponsored Link

大食い選手権のトレーニングって?

大食い女王選手権2018をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

制限時間内にどれだけの量を食べきれるのかを競う内容の物ですが、

ガチンコ対決的にはなっていますが、

多少の番組演出はあると思います。

それでも、あれだけの食べ物を食べる彼女たちの胃はどうなっているのでしょう。

トレーニングなどは行っているのでしょうか。

Sponsored Link



 

大食い選手権に出る人の胃の構造はどうなっているの?

テレビを見ている方が思う疑問はどんな胃をしているのだろうか?

ではないでしょうか。

大食い選手権などに出ている方の普段の胃の大きさは、

普通の方の胃と実は、同じ大きさなのです。

では、何が違うのかという事になりますが、

大きな要因の1つとして考えられるのが、

胃の膨張率が全く違うという事です。

これには内臓の配置も関係している様ですが、

ここまで来ると、

既に遺伝子レベルで配置が決定されていると考えてもおかしくは無いでしょう。

普通は満腹中枢が働き食べることができなくなるのですが、

これだけではなく他の臓器が圧迫される事で食べる事ができなくなるのです。

しかし、大食い選手権に出ている方の場合は,

胃の大きさが極限に広がる時に

他の臓器を圧迫しない構造になっている様です。

またレントゲン撮影をした時に,

身体全体まで胃が大きくなっている状態が判明しています。

もえあずさんの横からのレントゲン写真では、

大食いした時には肋骨が広がっている姿が撮影されています。

肋骨がここまで開く事は基本的にありえない事なので、

普通の方とは既に身体の作りが全く違う事が明らかなのです。

 

大食い選手権に出る人のトレーニング方法はとは?

大食い選手権に出ている方もさすがに

トレーニングを普段から行っていないと、

当日思うように食べれない場合もありそうです。

胃も筋肉で出来ているので、

トレーニングをしなければ、最大限まで広がる事が出来ないのです。

胃を大きく膨らませるトレーニングを行う事をしているのです。

胃は鍛えれば鍛えるほど柔軟性が獲得できるので、

フードファイターの方は、一度に大量の水を飲んだり、

大量の食事をすることで、

少しずつ胃を膨らませるトレーニングを行っているのです。

目標の大会の時にコンディションをピークに持っていくために、

日ごろから胃を大きくするトレーニングをしていなければならないようです。

トレーニングをする為に一番最適なのは、

水を飲む事の様です。

フードファイターの方の中には、

一気に10リッター以上の水を飲んでトレーニングをしている方もいるようですから、

胃の伸縮率を高めるには、

水を飲むのが効率的なのでしょう。

この方法が医学的に正しいのかは不明ですから、

フードファイターの方は,

それぞれ独自のトレーニングを行っている事は間違いないでしょう。

まとめ

大食い選手権に出る人のトレーニングについて紹介してきました。

あれだけの量を短時間で食べる事をしなければならない訳ですから、

何らかのトレーニングを行っている事は間違いありません。]

毎日水を飲むトレーニングを行っている方もいれば、

大会直前1週間前から調整し始める方もいるようですから、

トレーニングについては決まりごとはどうやらなさそうです。

その方にあった方法でトレーニングしていると考えた方がいいでしょうね。

普通の人が同じことをしても事故につながる可能性もあるので、

大食いにチャレンジする場合には、

自己責任でこの様なトレーニングを積んでもいいのかもしれませんね。

★関連記事

〇大食い女性のお腹ってどうなっているの?
〇大食い女性が太らない理由とは?
〇大食い選手権 もえあずが不参加の理由….
〇大食い選手権女王歴代優勝者は?フードファイターの報酬は?

Sponsored Link



 

Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください