大坂なおみって日本人?なぜ日本語勉強中?

Sponsored Link

大坂なおみって日本人?

大坂なおみ選手の優勝で幕を下ろした全米オープンテニスです。

日本中が大坂なおみ選手をたたえる報道がされていますよね。

中には、大坂なおみ選手って本当に日本人なの?

と疑問を抱く方も少なくはないでしょう。

セリーナウィリアムズ選手と肌の色が一緒だしとも思うでしょう。

では大坂なおみ選手は本当に日本人なのか紹介していきましょう。

 

 

大坂なおみ選手は本当に日本人なのか?

大坂なおみ選手が日本に凱旋帰国的に戻ってきました。

みんなが日本人での優勝を祝う中、

少数の方がたの中には、

大坂なおみ選手は日本人とは違うのでは?

という事がネットで流れています。

その理由には、肌の色が違うや言語が日本語が主体ではない等が上げられています。

実際1番問題視されているのが、大坂なおみ選手は「二重国籍」なのです。

大坂なおみ選手は日本とアメリカの国籍を持っているのですが、

日本の法律では22歳までに国籍をどちらかに決めなければならないという物があります。

大坂なおみ選手にはまだ1年猶予がある事になるのですが、

どちらを選択するかに注目が集まっているのです。

母親は日本人で父がハイチ出身のアメリカ人と言うことですから確実にハーフなのです。

日本国籍を離脱した場合には、

確実にマスコミ各社は対応を180度変更させる可能性が高いです。

今は日本国籍を持っている大坂なおみ選手ですが、

選択次第では、日本のマスコミだけではなく、

にわか大坂なおみ選手ファンを敵に回す可能性が非常に高くなると言う事です。

大坂なおみ選手はなぜ日本語を勉強中?

大坂なおみ選手が日本人と言われているのに、

なぜ日本語を勉強しているのか疑問に思う方も大勢いるのではないでしょうか。

大坂なおみ選手は大阪で生まれて幼少期は日本で過ごしていますが、

3~4歳の時にアメリカに移住しています。

現在20歳の彼女は17年間英語圏での生活になっているので、

英語が基本という事になります。

芸能人のウェンツ瑛二さんはドイツ人の父に日本人の母で日本で育っています。

ですから彼は日本語は流ちょうですが、

Sponsored Link

英語やドイツ語は話せないのです。

つまり、生活環境によって言語が変わる事になります。

大坂なおみ選手はアメリカでの生活が長い為と

周りの環境が英語しか無いわけですから、

英語が主な言語になって当然なのです。

ただ、テニスで注目され始めてから、

日本の国籍があるとう事で日本のメディアが注目し始めたのが、

日本語を勉強するきっかけとなっている事は間違いないでしょう。

なおみ節とまでメディアは持ち上げていますが、

大坂なおみ選手の心情は誰もが知り得ません。

北海道の祖父に対しては、

1勝すれば帽子をプレゼントすると言う約束をしているようですから、

祖父に対しての優しさは非常に高いですね。

どこまで、日本語が話せるようになるかは不明ですが、

国籍をアメリカに定めた場合には、

日本語の練習は止めてしまうでしょうね。

まとめ

大坂なおみ選手は日本人?日本語を勉強中?

について紹介してきました。

島国日本でもハーフの方々も数多く存在しています。

国際化の波には逆らえないと言う事になります。

今スポーツ界では、ハーフの選手たちが日本代表として戦っていますが、

この様な事が今後さらに多くなって行く事は確かでしょう。

基本的に日本人はこのままの出生率で行けば、

絶滅の危機に瀕する人種なのです。

つまり日本人は外国人とのハーフに対する考え方を改めて考える必要性があるのです。

日本人はレッドリストに名前が載るかもしれない人種であることを忘れてはいけないのです。

★関連記事
〇大坂なおみの母の出身地は関西?子育て論が面白い!
〇大坂なおみの性格がかわいい!コーチが変わり強くなった?
〇セレーナ・ウィリアムズと大阪なおみの試合でブーイング?
〇大坂なおみ完全アウェイで日本人初優勝!スピーチに感動?

#NAOMI OSAKA

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください