金田朋子はキャラ作ってるのか?元銀行員って噓でしょ?

Sponsored Link

金田朋子はキャラ作ってるのか?元銀行員って本当?

2017621日に金田朋子さんに待望の女の子の赤ちゃんが誕生しました!

金田朋子さんと言うと明るい元気なキャラクターですが、

あのキャラは作られたものなのでしょうか?

また声優デビューするまでにはいろいろな職業に就いていたようですが、

銀行員はほんとうなのでしょうか?

 

 

金田朋子のキャラクターは自分で作ったもの!?実際のキャラは別?

テレビに出演している時の金田朋子さんを見ると誰もが思う事があるのが、

あのキャラクター作られたものなのでは?

と必ず疑いの目で見てしまいます。

実際のキャラクターは全く違う物なのでは?

病気であんなハイテンションなのでは?等と噂されている様です。

ただ、ドッキリ番組?「カスペ」で旦那の森渉さんから

役者をやめたいと告白されると金田朋子さんはどんな反応を示すのか?

「今の舞台が終わったら、役者をやめて東京オリンピックのトライアスロン選手としてでたい」

と告げられます最初は戸惑った様子の声でしたが

「選手じゃなくてリポーターは?」

「じゃ~こどもは諦めないとね。私の給料だけでやって行くわけだから。」

最後に「スポンサーなんて大きな事言えないけどやるからにはガンバレ」的な発言をしています。

まともな受け答えに、寛大な心を持っているいつものキャラではないが声はあのまま。

実際夫がこんな事を突然言い出したら、

逆にテレビキャラのままでいたらおかしいですよね。

これを見る限りは、歳相応の常識を持ちあわせている方なのでは?

と思ってしまいます。

ただ、あの声が、ここぞと言う時に

自分のキャラのスイッチのON OFFになっている様な気がします。

いろいろな番組ではあまりにも騒がしいので、

ゲスト拒否される事もあるようですが、

それも相手の洒落的な要素を含んでいるようなので、

Sponsored Link

あのキャラは本物なのでしょうね。

 

 金田朋子は声優になる前は一流銀行銀行員だった!?

金田朋子さんのあの独特な声は医者からも

死んだら声帯を見せてもらいたいと言われているような特殊な声帯の持ち主の様です。

そんな金田朋子さんですが、実は意外な経歴を持っているのです。

関東学院大学建築部卒なのですが、

「こんな細かいことは私には向いていない」

とのことから建築関係には進まずに、

お菓子メーカーのブルボンに就職します。

この段階で既に一流企業です。

次に姉の勧めで東京の声優学校に通う事に。

ブルボンを退社して新宿高島屋に転職します。

あの声ですからおもちゃ売り場に配属されたようですね。

ここでは勤務時間が不規則なために

声優の学校に通う事が出来ないとの理由で、

次に転職したのが、三井住友銀行。

貸金庫係だったようですが、信用が無ければ貸金庫係は無理でしょうね~。

ブルボン→新宿高島屋→三井住友銀行

と名だたる一流企業を渡り歩くなんてすごいです。

金田朋子さん自信はこの声で面接は落ちまくりました。

と言っているようですが、そんな事はないですよね。

一見するとお堅い職業ばかりですから、

面接ではかなり的確な答えを出していたのではないでしょうか。

結構常識ある方としか思えないです。

 

 

まとめ

金田朋子さんのキャラは作られた物なのか?

と銀行員だったのは本当だったのかについて紹介してきました。

かなり声が独特なだけに会社や銀行側もどうしたらいいのか?

と言う事を考えての配属だったのではないでしょうか。

でも真面目に務めていないと貸金庫の係なんて出来ないですからね。

#KANETA TOMOKO #MORI WATARU

 

Sponsored Link
Sponsored Link