内村光良(ウッチャン)のいい話、さまぁ~ず、有吉、ベッキーも大絶賛!本気で感動のエピソードとは?

Sponsored Link

内村光良(ウッチャン)のイメージは?

ウッチャンナンチャンの内村光良ってどんな印象?

と聞かれると多くの方が、おもしろい・優しそう

等と答えるのではないでしょうか。

昔から人の心は顔の層に出るや目は心の窓なんて言葉もありますが、

内村光良さんってどちらもクリアしている様に見えますよね。

内村光良さんの人柄の良さのいい話を紹介していきましょう。

 

 

内村光良のいい人話!さまぁ~ず、有吉、ベッキーは大絶賛!?

 

内村光良さんの人望の厚さは後輩芸人だけではなく、

共演者や制作スタッフ等からもあるようです。

ここまでの大物タレントになると制作スタッフの

AD(アシスタントディレクター)なんて相手にしないのに、

ちゃんと仕事仲間として扱っている様です。

さまぁ~ずは内村光良さんに対しては

かなりの信頼と尊敬を持っている様で、

名古屋のローカル番組で愚痴をこぼす企画があり

「内村さんの愚痴」とカンペに書かれていたそうです。

その時、さまぁ~ずは

「今の俺らがあるのは、この人のおかげなんだから!」

「この人の愚痴なんて有るわけないだろ!」

とかなりスタッフに反論したそうです。

この時の二人は真剣な顔つきだったそうです。

確かに30代近くまで売れなかった二人のコンビ名を

番組企画で変更させてからは、

人気急上昇ですからね、ウッチャンがいなければ、

さまぁ~ずは無かった訳ですからね。

 

毒舌で有名な有吉弘行さんですが、

猿岩石でブレークしたものの

すぐさま急降下で何年もTVから姿を見ることがありませんでした。

そんな中でも内村さんは僕を使ってくれたと語っています。

「火は小さいけれど、弱火だけど残してくれた」とも言っています。

また内村プロデュースで有吉さんに対して内村さんは

「有吉はいまきてると思うから、

1個1個の仕事を大事にしていくんです。

確実に仕留めて行きましょう」

と言っています。

与えられた仕事を全力でこなせと言う事なんでしょう。

有吉さんは内村さんに対しては

「他の人よりリスペクレベルが違う」

とも言っています。かなり尊敬している発言ですよね。

Sponsored Link

不倫騒動でTVから干され加減のベッキーさんです。

ベッキーさんもイッテQの時に

内村光良さんの優しさに感激している事を語っています。

共演者であり、友人関係でもある出川哲郎さんが

バンジージャンプのように高い所から突き落とされる

過酷なロケである事を知った内村さんが、

出川さんに対して

「無理してやらなくていいからね」とメールを送ったそうです。

ベッキーさんは共演者の方に労いのメールを送るなんて、

普通なら行動に移せないと内村さんの優しさを語っています。

内村光良の人を育てる人間力が感動を呼ぶ!?

最近では人が人を育てると言う事が全くと言っていいほど感じる事が無いとは思いませんか?

出る杭は打たれる・相手を蹴落とすなんて事ばかりです。

競争社会ですから仕方がないのかもしれませんが、

内村光良さんはそれとは全く違うようです。

内村光良さん自体は後輩芸人に対しては怒ったり

ダメだしは一切しないそうです。

一見冷たい感じもしますが、いい所を確実の見つけているそうです。

また直接は指導はしないそうですが、

俺の芸を見て学べ的な所があるようで、

自分の芸で売れない芸人達のヒントになればと思っている様です。

また他の共演者やスタッフからも「彼からは人の悪口は聞いた事が無い」との事です。

また、ロケ弁などにも感謝して食べているそうです。

この人間力の高さが、人を引きつけるのでしょうね。

お金は尽きれば人は離れますが、

人柄が良ければ確実に愛され続けると言う事なのでしょう。

 

まとめ

内村光良さんのいい人話が凄すぎる!?について紹介してきました。

さまぁ~ず・有吉弘行・くりーむしちゅー等は内村光良がいなければ、

現在の活躍は確実に無かったはずです。

人のいい所を見つけ出してそれを伸ばすなんてなかなかできない事ですからね。

-関連記事-

〇内村光良と徳永有美が結婚前に支払った慰謝料がハンパない?幸せ家族に意外な過去があった!

〇ウッチャンナンチャンがコンビで共演しない原因とは?不仲説の噂は本当?

〇内村光良ゴールデン番組2本打ち切りは自ら余裕の決断?ウッチャン理想の上司1位で恐縮?

#UCHIMURA TERUYOSHI #TOKUNAGA YUMI

 

Sponsored Link
Sponsored Link

COMMENTS

Comments are closed.