宮沢りえ、母親との確執と拒食症で激やせになった理由が壮絶過ぎる!

宮沢りえ国民的アイドルから大女優へ

宮沢りえさんを一躍スターダムにしたのが、皆さんも御承知の「三井のリハウス」のTVでしょう。

「白鳥麗子」役で登場して以来は、TVCMやドラマ・映画などでも大活躍でした。

デビューした当時は10代らしさの可愛らしさで国民的アイドル女優として人気も絶頂でしたね~。

それが突然の婚約発表やヘアヌード写真集と全ての話題の中心にいたような気がしますよね。

 

スポンサーリンク

宮沢りえと母親「りえママ」との確執が凄かった!?

オランダ人の父親を持つ宮沢りえさんですが、それをしのぐ勢いのあったのが「りえママ」の存在でした。

りえさんの人生を調べて行くうちに、よくグレなかったな~と感じます。

8歳まで祖父と親戚に育てられたようです。

1番母親が恋しい時期に母親がいないと言うのはどうなのでしょう。

一緒に暮らす様になってから芸能活動へ場を広げて行きます。

ある種洗脳とも思えるくらいの「一卵性親子」ともいわれるくらい行動を共にしており、宮沢りえさんの行動を全て把握し予定も全て決めていたと言われています。

サンタフェの撮影もりえママの独断では?との憶測もぬぐい切れていません。

10代の女の子がヘアヌード撮りたいなんて思いますかね~。

宮沢りえさんの恋愛にも確実に口をはさんでいた事はわかっています。

当時人気力士だった貴乃花との電撃婚約に電撃婚約破棄。

これを仕掛けたのもりえママとも言われています。娘の名前を有名にしたが為だけの行動だったのでしょうか?

また今は亡き初代中村勘九郎さんとの不倫騒動にも1役咬んでいたとも言われているのが「りえママ」です。
独裁者的な存在だったりえママは8年間日本を離れます。


スポンサーリンク



この時から宮沢りえさんとの確執が浮き彫りになってきます。

かなり歯向かわれたのかショックで日本を離れたのでしょうかね~。

この間に宮沢りえさんは結婚と出産をしています。

この状況化では、当時の結婚相手の男性にも策略を練っていた感じがひしひしと感じますよね。

 

宮沢りえの激やせしたのはりえママのmonsterparentが原因か?

 

ふくよかで笑顔がとっても可愛かった宮沢りえさんは貴乃花と中村勘九郎さんとの破局が連続的に訪れた事もあってのせいか、

自殺未遂にまで行っています。

これはかなりの精神的ダメージがないと自殺を普通は考えようがありません。

振られたから「死んでやる!」なんて捨て台詞を吐いている人ほど結構タフだったりもしますし、言葉に出す事は助けを求めている証拠なのです。

自殺を本当にする人はアピールはしませんから。それだけ恋愛に対して「りえママ」からの横やりがかなり入っていたのでしょう。

当然自殺未遂を起こすくらいですから、激やせした報道がされた時も「拒食症では?」との疑問がなされていました。

でも確実に「拒食症」です。

 


スポンサーリンク



ストイックな状況に追い込んで痩せているのとは全く違う方向性の痩せ方でしたから、確実に精神障害を負っていた事は間違いないでしょうね。

また、宮沢りえさんの中には太っている親のようにはなりたくないと言う事もあったのではとも言われています。

ですから40代になってもかなりスリムで綺麗な女性のままでいるのもその影響からとも考えられますね。

親が半面教師と言う事なのでしょう。


スポンサーリンク



まとめ

宮沢りえさんの母親との確執と拒食症などについて紹介してきました。

デビューしてから激動の10代を過ごしてきた宮沢りえさんにとって、周りの大人に方をどう見ていたのでしょう。

金儲けの道具としてしか見ない母親に献身的に答える宮沢りえさんの構図が、一種の洗脳のようにも見えます。

自我が確立された時にその関係が波状をきたしたのでしょう。

現在でも細身のりえさんですが美しさは変わりありませんよね。

自分の娘さんには同じ事はさせないとは思いますが、しっかりと娘さんには母親の背中を見せてあげてくださいとしかいえませんね。
#Miyazawa Rie