小栗旬 ドラマ 刑事 ボーダーの動画とネタタバレ?

Sponsored Link

小栗旬 ドラマ 刑事 ボーダー?

小栗旬さんが刑事役を務めたドラマは、

どれも人気ドラマに名前が挙げられる物ばかりです。

東京DOGS・CRISIS公安機動捜査隊特捜班・Border等です。

ここ最近では何となく刑事役がハマっているのでは?

と感じさせるほど迫力あるアクションシーンも見どころだと思います。

なかでも、異色感たっぷりなのがBorderではないでしょうか。

 

小栗旬さんの刑事ドラマ「Border」って?

小栗旬さん主役の刑事ドラマ「Border」は2014年4月にテレビ朝日で放送されています。

このドラマは最初から普通の始まり方ではないのも特徴的です。

小栗旬さんのファン以外の方もガッツリハートを掴まれてしまった方も多いのでは?

同じテレ朝の「相棒」とは全くストーリー展開や、

登場人物が違っている事がわかるのではないでしょうか。

相棒も往年の刑事ドラマとは全く違う物ですが、

Borderと比較すると普通の刑事ドラマに見えてしまいます。

このBorderは小栗旬さんが1話目で早くも犯人に銃撃されて生死の分かれ目、

Borderを彷徨うところから始まるのです。

Border=境界という題名を、

ドラマの中で展開していくという事がわかるようになっています。

また最初のプロローグ的な的な所でも、

普通の刑事ドラマではありえない事を小栗旬さん演じる、

石川安吾刑事が最後に言うのです。

「その結果、僕は、・・・死者と話せるようになった。」

この死者と話せるようになったなんて….

既に普通の刑事ドラマではありえないですからね。

この死者と話せるようになった事で、

いろいろな事件を解決していきます。

そこには死者だけでなく、裏社会で生きる仕事人達との、

妙な協調感もあり表と裏のBorderも描かれています。

常にBorder=境界がつきまとうのです。

 

Borderのネタばれではやはり最終回が圧巻!?

Borderは全9話から成り立っていますが、

やはり圧巻なのが、最終回の「越境」ではないでしょうか。

この題名からもわかる通り、ここでもBorderがつきまとうのです。

子どもをおもちゃをエサに誘拐して、

遺体を誘拐現場から40キロも離れた公園で発見されます。

石川刑事の前に遺体となった子どもの霊が現れ、

犯人を示唆してくれるのです。

この証言をもとに石川刑事は真犯人の安藤にたどり着きます。

しかしこの安藤は、非分泌型という特殊な血液という事で

DNAが採取出来ないのです。

この事を自ら知っている安藤はあえて証拠を残すがDNAが出ない。

石川刑事はありとあらゆる手を使うが安藤を追い込むことが出来ない。

石川刑事は、安藤に詰め寄るが

「正義と悪の違いは」の問いに答えられない。

更に、追い込まれて行く石川刑事。安藤と最終対決に。

ビルの屋上に安藤を連れ出し

屋上の縁で安藤に自供を迫るが、安藤はまた石川刑事に

「俺に追い付くには、こちら側に来るしかない」と・・・

その安藤の声に石川刑事が取った行動は・・・・・越境。

という物です。いや~かなりこの展開にはビックリです。

アメリカのドラマの様な次に続く様な展開で終了となりますが、

このBorderの最終回の話からシーズンで続くスタイルではない事は確実です。

 

まとめ

小栗旬さんの刑事ドラマBorderのストーリーとネタばれ的な事を紹介してきました。

普通ではありえないストーリー展開は

今までの刑事ドラマとは一味違って見えます。

他のドラマとは違ってドラマの題名の

Border=境界が付いて回るという点です。

1話目から最終回まで見逃せないですね。

1話完結なのですが、やはり、1話から一気に見るのが一番楽しめるかもしれません。

#OGURI SHUN #HARU #BORDER

★関連記事

〇小栗旬のドラマの主題歌まとめ
〇小栗旬の子供の写真が可愛いすぎる!第二子の性別は男?
〇小栗旬映画 「ミュージアム」のカエル男って?
〇小栗旬の映画新作ニュースがヤバ過ぎる!
〇小栗旬インスタグラム公式はどっち?
〇小栗旬がハゲてきてるのは2017年から?

 

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください