三浦大知のライブの本人確認が厳しすぎるしチケット取れない?って…

Sponsored Link

三浦大知のライブの本人確認って

三浦大知さんのライブのチケットは

発売された瞬間からSOLD OUT

の文字が表示される場合がほとんどの様です。

それだけ人気のアーティストなのです。

以前から問題となっている人気アーティストの

ライブチケットの転売問題が話題になっていましたが、

三浦大知さんのライブのチケットは、

本人確認が厳しいと言うのは本当なのでしょうか?

 

三浦大知さんのライブチケットが取れない!?

本人確認が厳しい以前に、

どれだけ、三浦大知さんのライブチケット

の入手が困難な状況なのかを調べてみました。

2018年9月~12月のツアーは全国26会場で34公演を行います。

これって結構多くない?と思いがちですが、

公演が行われる会場の収容人数が平均すると2000名といったところです。

アリーナのような大規模会場ではないという点が上げられます。

また、三浦大知さんのファンクラブの会員がおおよそ5万人ともいわれています。

ファンクラブ会員以外の一般の方も当然ながら大勢います。

確実に言えるのが、一般のファンの方は最低でも2~3倍はいるでしょう。

また行ける公演を全て見たいと言う方も中にはいますので、

これらのありとあらゆる要素を踏まえても、

1つの会場2000人に対して約80倍の倍率が考えられます。

この倍率は非常に高い数値です。

34公演全てを応募しても1枚もチケットを入手できる確率ではないのです。

この狭き門をくぐり抜けてチケットを手に入れられたかたは、

幸運の女神が付いていたと言う事なのでしょう。

それだけ入手しにくいプラチナチケットとになるのです。

三浦大知さんのチケットの本人確認が厳しい!?

チケット販売を巡っては入手しにくいチケットを手に入れて、

Sponsored Link

高額で転売していると言う問題があったために、

本人確認を導入しているアーテイストがほとんどではないでしょうか。

三浦大知さんもその1人です。

本来の本人確認は入場する際に、

チケットに入っている購入者の名前とライブに来た方の

身分証明で成り立つ仕組みになっています。

入口さえパスできれば、問題は無いのですが、

三浦大知さんのライブでは、入口以外にもチェックを行っている様です。

座席に着いてからも本人確認をどうやら行っている様です。

確実に徹底的に、通常のチケット入手方法と違う手法で

手に入れた方を排除する方針がかなり明確になっています。

高額転売チケットで入手した方には

残念な結果しか見えてこない事が一目瞭然のチェックの嵐です。

チケットが入手できないからといって高額転売で手に入れても、

本人確認で見つかってしまえば、

入場できません。

支払った金額は無駄ということになってしまいます。

リセールを待つか、当日券が出るのを神に祈るしか無い様です。

チケットを入手するのが困難だからといって、

別の方法で購入しても会場には入れないという悲劇の連鎖は、

本人の勉強のためと思うしか無さそうです。

まとめ

三浦大知さんのライブチケットの本人確認が厳し過ぎる

しチケットも取れない状況について紹介してきました。

これだけのチケットの倍率という事は、

ファンクラブの方でも入手が困難な状況だと思います。

優先枠なのでしょうが、それでも難しいでしょうね。

それに高額転売でのチケットのやり取りは最近では、

鳴りをひそめていたと感じていましたが、

まだどうやら横行している様です。

本人確認が厳しい現状ではさすがに、

なり済ましができない状況ですから、

正規のルートでチケットを購入するのが一番という事です

★関連記事

〇三浦大知のチケットがリセールって?いつ届くんだ?

#MIURA DAICHI

 

Sponsored Link
Sponsored Link

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください