加藤綾子のアトピー治療に通う病院は○○?グラビアデビューで水着画像なしでもなぜ売れる?

Sponsored Link

○アトピー治療について

「カトパン」こと元フジテレビの加藤綾子(かとうあやこ)アナウンサー

2016年女子アナ人気ランキングで2位になった「カトパン」

とにかく綺麗で可愛いし清楚、肌も色白で羨ましい程ですよね!

 

そんな彼女が、幼少期、ひどいアトピー性皮膚炎に悩まされていたという。

「小さい頃からアトピー性皮膚炎で、ひどい症状に長い間悩まされてきました。

お米、小麦、お肉のアレルギーで、

それらを少しでも口にすると眠れなくなるほど悪化することもあって、

大好きなハンバーグやケーキなどを、一切食べることができず、

ひどいかゆみのために夜に体を思いきり掻きむしり、

泣き叫び続けたこともありました。」

Sponsored Link

そんな彼女を献身的に支えたのは母親だったようだ。

徹底した食事療法や合う病院探しなど細やかなケアを続け、支えてきたという。

カトパンが中学2年生の夏に、母親が調べてくれた、

食事療法やいい医師との出会いもあって、症状は改善していったそうですが、

現在でも…..

「不規則な食事や睡眠不足など、少し無理をしたりすると体に湿疹ができたり、

日差し照らされると真っ赤になってかゆくなった

りして、今でも常に不安と隣り合わせなんです。

ただ、こうした症状を早めに対応できるようになり、

今後も、上手くコントロールしながら一生つきあっていく覚悟をしています。」

と、コメントしている。

現在、症状はかなり良くなってきているが、

完治したわけではなく、肌に不調が表れることが今でもあるというのだ。

現在でも見た目には分からないし、

完治してはいないと思えない程、肌がきれいです。

アトピー皮膚炎に悩んでいる方にとっては、心強い事例になりますね!

女の子なら尚更、アトピー性皮膚炎を患っていれば、

肌の事なので、気になるでしょう。

カトパンも同じように苦しんできたのかと思うと励まされます。

気持ちも少しは楽になりますよね!


Sponsored Link



 

アトピー性皮膚炎とは、

皮膚のバリアー機能が落ち、侵入する抗原を防ごうとする体の免疫機能によって、

炎症やかゆみを引き起こすもの。

かゆくてかくとその時は一瞬治まってもその後は熱をもったり、

傷がついたりして、さらにひどくなってしまいます。

 

国立成育医療研究センターの松本健治・免疫アレルギー研究部長によると

「乳児期に湿疹があると、さまざまな抗原が入りやすくなって、

アレルギーマーチを引き起こすと考えている。

湿疹を放置せずに早く治療することが発症予防になる」

”アレルギーマーチ”とは

アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ぜんそく、鼻炎と進む傾向のこと

 

東京慈恵会医科大付属第三病院皮膚科診療部長の上出良一教授によると

「患者の中には、かゆくなくても無意識にかいてしまう動作(嗜癖的掻破(しへきてきそうは))がある人が多い。

不安だったり、逆にほっとしたりしたときです。

かくという行為が、安心、ストレス解消につながってしまう

一番つらいと感じている話題に触れると、

無意識にかこうとするしぐさが出る。ストレスをなくすのは無理でも、

それに気づくだけで嗜癖的掻破を減らすことができる。」という。


Sponsored Link



 

○グラビアデビューについて

加藤綾子アナウンサーがグラビアデビューしました!

週刊文集の「原色美女図鑑」

ネット上では水着姿を期待する声もありましたが、

そんなイメージのないカトパン、加藤綾子アナの水着姿は、

なんと本当にありませ~ん!

カトパンの待望グラビアが肌の露出がなかったことなどから、

ネット上には失望する声が寄せられているが、

その一方、カトパンらしさが伝わってくる!期待通り!という声も!

簡単に水着にはならないというところが、

売り上げを伸ばしているのかもしれませんね」。

「Oggi」ではモデルとしても初挑戦しています。

フリーアナウンサーになってから、

色々な場で活躍できる事になりますね!

今後のカトパンに期待!

#Kato Ayako

-関連記事-

〇明石家さんま、加藤綾子結婚秒読み?ニューヨークで密会でプロポーズ?

 

Sponsored Link
Sponsored Link