デヴィ婦人の若い頃のヤバイ写真?女優だった?

Sponsored Link

デヴィ婦人

テレビのコメンテーターなどでは、

常識的で的確な判断をしてくれているデヴィ夫人です。

しかし、イッテQなどでは、

御高齢にも関わらず自ら体を張ったロケにチャレンジするほど、元気な夫人です。

そんなデヴィ夫人の若いころのお姿はどうだったのでしょうか。

デヴィ夫人の若いころの写真がものすごい綺麗だった!?

デヴィ夫人は今年で78歳ですから、

確実に、自宅近くにいるおばあちゃん達と、

ほぼ年齢は変わらないでしょう。

でもいつも凛とした感じで、

テレビにでている姿は決して78歳には見えないです。

いまでこそ、何となく化粧も魔女っぽく見えてしまうくらい、

バッチリ決めているデヴィ夫人ですが、

若いころはスカルノ元大統領に気に入れられたほどの美貌だった訳です。

高貴な方々の集会では、デヴィ夫人の事を

「東洋の真珠」

と表現していることから、

その美しさは当時は半端が無かったと言う事でしょう。

真珠って西洋にはないのでしょうか?疑問ですが、

真珠の様な白くてピカピカした輝かしい姿と言うことなのかもしれません。

当時のデヴィ夫人は目もぱっちりしていて、かなりの美人です。

これならスカルノ元大統領も声をかけたくなる理由はわかります。

でも普通ならスカルノ大統領とわかれば、

かなりビビってしまいそうですが、

その辺りは、デヴィ夫人の性格なのでしょうから、

ものおじしなかったのかもしれませんね。


Sponsored Link



 

 

デヴィ夫人は夫人になる前は女優だったのか?

デヴィ夫人の若いころの画像を見る限り、

ものすご美人さんと言う事はわかります。

当時の職業は何をしていたのか?疑問に思いますよね。

これだけ美人だったのですから当然女優の卵だったのでは?

と思っているかもしれませんが、

実はデヴィ夫人は女優と言う職業をした事がありません。

 参照-デヴィ夫人の子供時代が壮絶過ぎ!結婚前の本名は?

父親が亡くなってしまった為に高校を中退して家族の為に働く事になるのですが、

その時にはアルバイトで、

エキストラで出演して経験はあるようです。

でも高校を辞めて働いたのは、

高級クラブ「コパカバーナ」なのです。

当時の高級クラブですから、美貌が無ければ入れないでしょうから、

その辺りはすんなり務める事が出来たのでしょう。

16~17歳のデヴィ夫人を高級クラブで働いても問題はなかったのでしょうか?

でも当時は、底まで今のようにうるさくなかったのでしょうね。

この高級クラブ「コパカバーナ」で働いた事で、

デヴィ夫人はスカルノ大統領と運命の出会いをする訳ですから、

ほんと人生ってわからないものですよね~。

インドネシアでクーデターが起きるまでは、

シンデレラドリームだった訳ですからね。


Sponsored Link



 

 

まとめ

デヴィ夫人の若いころの写真についてや女優だったのか?

について紹介してきました。

確かにデヴィ夫人の若いころは非常に美人です。

いまでもその片鱗は・・・でもあの年齢の方ではそれなりに美しい方だと思います。

あの若いころの美しさが無ければシンデレラドリームにならなかったわけですし、

コパカバーナで働いていなければ、

スカルノ大統領とも出会わなかったと言う事ですからね、

人生ってホントに何があるかわからないものですね。

Ratna Sari Dewi Sukarno

-関連記事-

 〇デヴィ夫人の人生を変えた結婚までの経緯-シンデレラストーリー?

〇デヴィ夫人の子供時代が壮絶過ぎ!結婚前の本名は?

Sponsored Link
Sponsored Link