デヴィ夫人の子供時代が壮絶過ぎ!結婚前の本名は?

Sponsored Link

デヴィ夫人って

デヴィ夫人と言うとテレビのコメンテーターや

世界の果てまでイッテQでは、

体を張ったロケまで行う、元気はつらつ!って感じですよね。

これだけテレビで活躍しているデヴィ夫人の事を、

ただのタレントと思っている方々も多いです。

でもこの方は本当はすごい人なのです。

参照=デヴィ婦人の若い頃のヤバイ写真?女優だった?

 

デヴィ夫人の子ども時代~夫人になってまでが壮絶な人生!?

おほほほ~あ~た何言ってるのか理解できないわ!

などと甲高い声でテレビに出演しているデヴィ夫人です。

1940年2月6日生まれですから、

年齢は78歳・・78歳!?かなりパワフルな78歳です。

今のデヴィ夫人があるのは、

過去に壮絶な出来事が度重なった為とも考えられます。

デヴィ夫人が産まれたのは1940年ですからかろうじて戦前生まれになります。

現在の東京の西麻布の出身ですが小さい頃は極貧状態だったようです。

道沿いの食べれそうな草を持って帰って雑炊にして食べた事があると言っています。

高校に進学したデヴィ夫人ですが、

父親が亡くなってしまい中退します。

ここからデヴィ夫人の人生が加速していくのです。

16歳から高級クラブで働きだしたことも転機になっています。

19歳の時にインドネシア大統領スカルノ氏が訪日している最中にデヴィ夫人と知り合います。

シンデレラドリーム的です。

参照=デヴィ夫人の人生を変えた結婚までの経緯-シンデレラストーリー?

21歳の時にインドネシアに渡りスカルノ第3夫人の座に収まります。

しかし、日本に残った家族はマスコミに追われる事に、

その心労がたたって母親は倒れてしまいます。

母親危篤との連絡を受けてデヴィ夫人は日本に帰国しますが、

40日後に母親は亡くなってしまいます。

たまに思いますがマスコミが過激すぎるのも良くないですよね。

そんな悲壮感漂うデヴィ夫人に追い打ちをかけるように、

残った唯一の肉親である弟が騙されて借金を背負い、

母親が亡くなった2日後にガス自殺をしてしまいます。

かなりの衝撃だったでしょうね。

この時デヴィ夫人は22~23歳です。

更に輪をかけてインドネシアでクーデターによって、

スカルノ大統領は失脚してしまうのです。

まさに人生の前半は波乱万丈の人生だったようですね。


Sponsored Link



 

デヴィ夫人の結婚前の本名って?

テレビでお馴染のデヴィ夫人ですが、

不思議だと思いませんか?

他の方は例えば出川哲郎さんや河北麻友子さんって紹介されますが、

デヴィ夫人の場合はデヴィ夫人どうぞ~的な感じですよね。

実は芸名はデヴィ・スカルノで、

通称デヴィ夫人の様です。

誰もがわかりやすいデヴィ夫人で通しているのでしょう。

ではデヴィ夫人の本当の名前はと言うと

インドネシア名

ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ

結婚前の日本名

根本 七保子

あの顔で七保子・・・

ん~やっぱりデヴィ夫人の方が合ってる気がします。

国籍はインドネシアにあるようですから、

今でもデヴィ夫人はインドネシア人です。

って事はデヴィ夫人は外国人タレント!?

その辺りは微妙なラインですが、

なんでも有りなデヴィ夫人ですから小さい事は気にしないのでしょうね。

まとめ

デヴィ夫人の子ども時代からスカルノ夫人になるまでと本名は?

について紹介してきました。

スカルノ元大統領が亡くなってからも、

かなり苦労が絶えなかったと言う事もあってかなり

、世間的に揉まれてきたのは事実でしょう。

その中でも、夫人としての心構え

・プライドだけは捨てなかった事はたいしたものだと思います。

今後も元気にテレビで活躍してもらいたいですね。

 

Ratna Sari Dewi Sukarno

-関連記事-

 〇デヴィ夫人の人生を変えた結婚までの経緯-シンデレラストーリー?

 〇デヴィ婦人の若い頃のヤバイ写真?女優だった?

 

Sponsored Link
Sponsored Link