アリーナザギトワのドーピング検査結果のトラブル!まさかのしわざ?

Sponsored Link

アリーナザギトワのドーピング?

平昌オリンピックの前にIOCはロシアに対して、

国家ぐるみでドーピングをしていると言う事で、

ロシア選手団の出場を拒否したのです。

IOCはドーピングをしていない選手に対して、

厳格な検査を行って、

オリンピックの旗の元で個人資格として参加を認める裁定を下し、

正当な選手に救済の手を差し伸べています。

その中には、アリーナザギトワ選手も含まれています。

 

アリーナザギトワのドーピング検査によるトラブル発生

平昌オリンピックが開催されてから、

5日目の19日にアリーナザギトワ選手に世界反ドーピング機関(WADA)

によって抜き打ちのドーピング検査が行われています。

これは通常ありえる事のようですが、

このドーピング検査が行われたのは、

21日に女子フィギュアスケートSPの為の、

通し練習の直前に行われていたのです。

アリーナザギトワ選手は、

血液をWADAの検査員に採取された後に、

尿の検体を提出要請をされたのですが、

練習直前だった為に尿検査を拒否する結果となり、

リンクで練習を開始します。

しかし、アリーナザギトワ選手が練習を開始してたったの5分で、

再びWADAの検査員が現れ、

尿検査の提出を要求されてしまいます。

アリーナザギトワ選手は、

たったの5分の練習でリンクから離れなければならなくなり、

ショートプログラムの通しでの練習ができずに、

本番を迎える事になってしまったのです。

OAR側は「練習が破綻した」と主張しています。


Sponsored Link



 

アリーナザキトワに対して横やりが入ったのか!?

このアリーナザギトワ選手に対してのドーピング検査に対してはIOCは

「通常ありえること」

と発表しています。

ただこの日には、OARのカーリング男子選手から、

ドーピング違反がでていた事も関係しているのでは?

と推測されています。

最終練習中にWADAの検体提出要請もかなり、

選手には動揺を与えてしまいます。

何らかの意図的要素が入ったとしか思えない行為です。

ネット上でも

「練習後でも問題ないだろ」

「ザキトワが可愛そう」

などの反応が寄せられていました。

IOC側のいい分もわかるのですが、

あからさまな妨害に受け止められても仕方がない状況です。

あからさまに誰かのチクリが合ったとしか言えないとも思える、

緊急性の高い検体提出騒ぎでしたから、

ザキトワ選手の動揺を狙った心理的作為でしょう。

その心理的作戦に動いたのは一体誰だったのでしょう。

謎が謎を呼んでいます。

結果としてドーピングは白と言う事でかつ、

金メダルを獲得したから良かったですが、

アリーナザギトワ選手が金メダルを取れなかった場合には、

確実に誰かの陰謀と囁かれていた事は間違いないでしょう。

 

まとめ

アリーナザギトワ選手のドーピング検査トラブルと誰かの横やりなのか?

について紹介してきました。

ザギトワ選手が結果的に金メダルを獲ったから良かった物の、

これで金メダルを取れなかったら、

IOCとWADAに対してかなり非難が集中していた事でしょう。

オリンピック前に厳格な検査を行ったのに、

それでもOARから違反者が出た事に対して、

かなりIOCサイドは神経質になっていた事は間違いないでしょうね。

#ALINA LLNAZOVNA ZAGITOVA #DOPING

-関連記事-

〇アリーナザギトワが沢尻エリカに似ていてかわいいだけではない?

〇アリーナザギトワと羽生結弦のハグにドキッ?2人の恋の行方は?

〇羽生結弦の綺麗さは男から見ても納得の理由があり?見た目より男らしくワイルドと言われている?

〇羽生結弦の魅力を仲の良い安藤美姫が微妙な解説!羽生の恋ダンスがキレキレ過ぎのダンスが気持ち悪い?

 

Sponsored Link
Sponsored Link