XJAPANのYOSHIKIの生い立ちがヤバ過ぎる!?

Sponsored Link

XJAPANのYOSHIKI

世界的ロックバンドのドラムとしても有名な、

X JAPAN のYOSHIKIさんです。

音楽に関してはマルチな才能を発揮し続けています。

X JAPAN を復活させてからは、更にライブ活動を活発に行うようになっています。

ドラムのし過ぎ?

で頸椎損傷と言うトラブルにもみまわれてしまいましたが、

それでもなお全力疾走しているのがカッコイイです。

 

Sponsored Link

 

XJAPANのYOSHIKIの生い立ちはかなりヤバイって本当!?

X JAPANのYOSIKIさんは千葉県館山市の出身です。

館山と言うと海の男って言うイメージが強いですが、

YOSHIKIさんからは、まるで海の男のイメージが全く湧いて来ません。

1965年生まれと言う事ですから現在は、53歳!?

50歳を超えている印象ありますか!?

見た目では正直30代でも確実に通用します。

そんなYOSHIKIさんの幼少期から少年期は波乱にとんだ人生だった様です。

YOSHIKIさんの実家は老舗の呉服店を営んでいました。

4歳の頃に父親の影響でピアノを始めており、

父親よりうまかったとも言われています。

父親は呉服店を継ぐまではプロのタップダンサーで、

祖母は琴などを弾くなど、

呉服店でありながら常に音楽との接点があった様です。

YOSHIKIさんは9歳から作曲を始めるなど、

既に音楽の才能を開花させ始めていたようです。

10歳に父親からプレゼントされたトランペットで

14歳までブラスバンドで活躍していました。

ただ、YOSHIKIさんの父親はYOSHIKIさんが10歳の時に、

自殺をして亡くなっています。

この年代で父親の死、

それも自殺となるとかなり、

心的要因に強いダメージを受ける事は間違いありません。

父親の死の原因は不明と言う事ですが、

実際の所は呉服店の経営がうまく行っていなかったのでは?

とも言われていますが、

真相はYOSHIKIさんと家族だけが知っているだけではないのでしょうか。

それにX JAPAN を解散した翌年にHIDEさんも同じく自殺で亡くなっています。

このダブルの衝撃はYOSHIKIさんにどう影響したのでしょう。


Sponsored Link



 

XJAPANのYOSHIKIがロックに目覚めたのはいつ?

YOSHIKIさんがロックに目覚めたのはいつ頃なのでしょう。

それは11歳の時に母親と一緒に行った

「KISS」のライブに影響された様です。

その後、ドラムを始めるきっかけとなっています。

母親が「KISS」好きだったのでしょうか?

KISSのイメージはビジュアル系ロックですから、

普通ならなかなかこの年代で、

KISSのライブに行く方は少ないのではないでしょうか。

もしかすると、

ロックで父親の死を乗り越えさせようとした母親の心遣いだったのでしょうか?

まさにこの11歳の出来事がなければ、

今のYOSHIKIさんは無かったと言う事になりそうです。

YOSHIKIさんは、このあたりからバンドを組み始めるのですが、

そのメンバーの中にTOSHIさんが入っているのです。

このYOSHIKIさんの少年期からTOSHIさんは関わっているのです。

今でも昔からの仲間がいてバンドが出来るのは素晴らしい事ですよね。

確かに心的には辛い経験が2度ほどありましたが、

それを糧にして現在があって更に、

まだ登り続けるYOSHIKIさんは、

更なる高みを目指して立ち止まる事が無いのでしょうね。

 

まとめ

XJAPANのYOSHIKIの生い立ちと

ロックとの出会いについて紹介してきました。

今でも活動的なYOSHIKIさんですが、

壮絶なる過去を持っています。

それを乗り越えたからこそ、

立ち止まらずに更なる高みを目指し続けているのでしょう。

50歳を超えていながらの挑戦者と言う事になりますが、

どこまでの高見にいけるのでしょう。

#XJAPAN #YOSHIKI #TOSHI

 

Sponsored Link
Sponsored Link