岡田准一少年時代の苦労と生い立ち

Sponsored Link

岡田准一って?

ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ・V6のメンバー

岡田准一(おかだじゅんいち)さん。

1995年10月にV6のメンバーとしてグループ主演のドラマ「Vの炎」で俳優デビューし、

11月1日にはV6のメンバーとして

「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビューしました。

現在もV6のメンバーとして数々のCDを出し、

2002年1月には「木更津キャッツアイ」でぶっさん役を演じたり、

2015年には「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」で堂上篤役を演じる!

など俳優としても活躍し、映画でも2013年12月には「永遠の0」で宮部久蔵役、

2016年12月には海賊とよばれた男を演じきりました。

俳優以外でも2013年4月から、出身地である大阪府枚方市の遊園地、

ひらかたパークのイメージキャラクター「超ひらパー兄さん」を務めるなど幅広い活躍をしています。

そんな彼の少年時代はどんなものだったのでしょう。


Sponsored Link



Sponsored Link

両親の離婚

大阪府枚方市出身の彼、彼が赤ん坊だったころは父親・母親と姉、幸せな家庭でしたが、

両親が小学2年生の時に離婚。

母と姉と3人家族で育ったそうです。

実父に関しては一時岡田真澄では?と噂されたりしましたが、

全く関係なく見当違いな噂にすぎません。

彼の少年時代は母親の仕事が忙しくなかなか構ってもらえなかったそうです。

寂しかったのを堪えて我慢していたと思われます。

母親からは「男として責任を持って自分の人生を生きなさい。

母親として、子供の面倒をみるということは当たり前かもしれません。

でも私は、面倒をみないから、将来、あなたに面倒を見てもらう気もありません。」

と言われたそうです。

母親も忙しいせいで彼に構っていなかったことを悪く思っていたのでしょう。

彼もそんな母の気持ちを理解し、現在も感謝してもしきれないほどだそうです。


Sponsored Link



 

少年時代は、まさかのデブ?!

彼は体操着に着替えてた最中に、ぽっちゃりとした体形から

「ボンレスハム」と言われたそうです。

確かに写真を見ると少しぽっちゃりした印象がありますが、

目がパッチリしていたところは変わりありません。

当時は太っていたせいもあって、モテるという事はなかったそうです。

そんな彼も小学時代に初恋もしますが2人きりで掃除をしていた時に、

その好きになった子から「サイテー!」と言われた事あったそうです。

彼曰く、「きっと舐め回すように見てたんだろうな〜」

と振り返っていましたが、酷い一言です。

現在、彼を振った女の子は「岡田くんを振るなんて!」と今頃後悔されているんでしょう。


Sponsored Link



 

まとめ

少年時代に離婚してしまって寂しい思いをしただけでなく、

少し太っていたせいで実姉からボンレスハム呼ばわりされ、

好きな子からも「サイテー!」と言われるなど悲しい思いをした彼ですが、

現在ではすっかり痩せ、V6のメンバーとして活躍見事アイドルとして活躍!

ダイエットとか頑張ったからでしょうね。

ただ、彼の場合、俳優としての才能は、

映画を観ても、どんどん開花されているのが分かります。

役作りにはストイックで、筋肉美も凄い!

今後もV6としても俳優等でも多く活躍してほしいです。
#V6 #OKADA JUNICHI

 

Sponsored Link
Sponsored Link