黒柳徹子の仰天エピソードが止まらない!徹子の部屋が終わらない理由

黒柳徹子の仰天エピソードが止まらない!徹子の部屋が終わらない理由

日本のテレビ放送が始まった時からテレビの世界の第1戦にいる黒柳徹子さんです。

この黒柳徹子さんエッセイストもあり平和活動家の顔を持ってもいます。

そんないろいろな顔を持つ黒柳徹子さんには、驚きのエピソードが多々あるようです一体どんな物なのでしょう。

スポンサーリンク

黒柳徹子の仰天エピソードに一同唖然!?

テレビ放送が始まると同時から女優やタレントとして活躍している黒柳徹子さんにはいろいろな仰天エピソードがあるようです。

正直、常識人でありながらどこか天然系の素材も持っているだけに、黒柳徹子さんはかなり奥が深い人物としか言いようがありません。

黒柳徹子さんは動物と話せるらしいです。

フジテレビの「よるタモリ」で宮沢りえさんが猫と戯れている黒柳徹子さん「動物と話せるんですか?」と言う問いに、

いともあっさりと「会話出来ますね。」と答えています。

それに上野動物園にカバの子供写真を取りに出掛けた所、親カバに警戒されてしまったらしく、翌日で直す事に。

翌日も警戒されていた所に「子供が大きくなってから写真取ってもつまらないの。

かわいい時に写真を取りたいから10秒か15秒位ですぐ終わるから見せて」と頼んだところ親カバが子カバを差しだした

と言うエピソードを披露しています。

これには、タモリも宮沢りえさんも唖然としていたようです。

他にも笑っていいとものテレフォンショッキングでは43分間しゃべり続けたり、

徹子の部屋ではセーラームーンの衣装で出演した事など、語りきれないほどのエピソードを持っています。


Sponsored Link




 

徹子の部屋が終わらない本当の理由とは!?

徹子の部屋は1976年から放送がスタートして2017年現在で約41年間放送されている長寿番組です。

平日昼のお化け番組だった「笑っていいとも」でさえ低視聴率で番組が打ち切られてしまう時代に、

これだけ長く徹子の部屋が続くのだろうと不思議に思いませんか?決して徹子の部屋の視聴率は高くは有りません。

せいぜい4~5%でしょう。それでも打ち切られない理由には、黒柳徹子さんだからと理由があるようです。

徹子の部屋には大物俳優から若手芸人まで多彩なゲストが出演します。

ここがポイントなんです。

大物俳優・大物女優が、黒柳徹子さんの番組ならと言う理由で出演をしてくれるのです。

テレビ朝日としては、このパイプを切るわけにはいかないのです。

大物俳優・女優とのパイプ役に黒柳徹子さんの徹子の部屋が利用されていると言う事になります。

若手俳優や芸人たちも出演する事で、逆にパイプを作れると言う利点もあるようですから、低視聴率でも全く局としては問題が無いようです。

黒柳徹子さんもこの番組に思いがあるので、「打ち切ると言われたらノーギャラでもいから番組は続けます。」

上層部に冗談交じりで話していたそうです。

徹子の部屋を境に芸能界の持ちつもたれつと言う特有の縮図が見え隠れしている訳です。


Sponsored Link




まとめ

黒柳徹子さんの仰天エピソードと徹子の部屋が終わらない理由について紹介してきました。

仰天エピソードは、黒柳徹子さんなら何となくわかる様な気がしますよね。

この人なら何でもできるのでは?とも思ってしまいます。

徹子の部屋が終わらない理由は何となくイヤらしい芸能界の一面を見たような気がしますが、

これも確かにテレビ局の戦略としては有りですからね。
#KUROYANAGI TETSUKO #TAMORI #MIYAZAWA RIE


Sponsored Link