具志堅用高は何故バラエティー番組で成功したか?ちょっちゅね~は鶴太郎からもらったギャグ?

Sponsored Link

具志堅用高って誰?

陽気な沖縄のおじさんを全面に出しているのが、元WBAライトフライ級世界チャンピオンの具志堅用高さんです。

今の雰囲気からすると、この人が世界チャンピオン!?って思ってしまいますが、現役当時はめちゃめちゃ強かったですね~。

Sponsored Link

具志堅用高がバラエティ番具で成功したのはなぜ?

具志堅用高さんって意外とバラエティ番組に出演していると感じる事はないでしょうか?

この年代のタレントさんなら沢山いると思いますよね。

でもなぜか具志堅用高さんなのです。確かにクイズでは、とんちんかんな解答や珍解答でお茶の間に笑いを提供してくれています。

具志堅さんは、爆笑問題のラジオ番組でこんな事を言っています。

具志堅さんはなんでテレビに出てるんですか?」

「ボクサーは引退しちゃうと仕事がないんですよ」

「ボクシングジムとか解説とかあるのでは?」

「ボクシングジムの収入のほとんどがファイトマネーですからチケットを売るしかないんです。世界チャンピオンを出してもかなり苦しいんですよね。だからタレントしかないんです。」

と話しています。

日本のボクシング人口と人気具合から言ったらかなり切実さが伝わってきますよね。

それに具志堅さんは、テレビ番組に出る事についてこんな事も言っています。

「アスリートは引退したら過去のプライドは捨てないと前に進めないから」

何となく具志堅さんって考えているんですね~ただの陽気なおじさんではない訳です。

具志堅さんはバラエティ番組で一応空気は読んでいるようですが、計算をして珍解答をしている訳でもない所が素晴らしいですよね。

それに自分よりかなり年下の人に突っこまれても笑顔でいるのが、懐の広さなのでしょうね~。

ただ、奥さんにはTV出演する際には「背筋を伸ばしなさい」「足を開かない」等の注意はされている様です。


Sponsored Link



 

具志堅用高のちょっちゅね~は片岡鶴太郎のギャグをもらったのか?

具志堅用高さんと言うと「ちょっちゅね~」と言っている印象が結構あるのではないでしょうか?

でも、実際、具志堅さん「ちょっちゅね~」と言っている事を聞いた事があるでしょうか?

この言葉を基本的には具志堅さんは言ってはいないのです。

ではなんで?そんなイメージがあるのか?と言う事になりますよね。

確かに「ちょっちゅね~」と言いだしたのは、若かりし頃の片岡鶴太郎さんです。

鶴太郎さんは坂上二郎さんや具志堅さんのまねをかなりデフォルメしてギャグにしていた時期があります。

その時「ちょっちゅね~」が流行っていた事も。

この鶴太郎さんのギャグによって、ボクシングを知らない方々にも知名度が上がった事は確かな事実です。

具志堅さん鶴太郎さんには、かなり感謝していることをインタビューで明かしていたりもしています。

今では、ある程度、標準語をしゃべっていますが、TVに出始めた頃は沖縄の方言で話している事も多かったような気がします。

でも具志堅さんなら沖縄の方言でも全く問題なくTVに出てもいいのでは?と思ってしまうのですけどね。



Sponsored Link



 

まとめ

具志堅さんがTVで成功した訳や「ちょっちゅね~」はもらったギャグなのか?について紹介してきました。

具志堅さんっておもしろ解答が多いですが、結構真剣に物事を考えているのがわかったと思います。

ギャグに関してはイメージ先行の業界ですからうまく便乗できたと言った所なのではないでしょうか。

具志堅さんって嫌みが無いからいいですよね。

-関連記事-

〇具志堅用高の現役時代の毒入りオレンジ事件の真相は?かつら疑惑って本当だった?>

〇具志堅用高の名言エピソードがヤバイ!伝説の防衛記録って本当の話?>

#GUSHIKEN YOKOU #KATAOKA TSURUTARO #WBA


Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link