天才画家ジミー大西の絵の価格がスゴイ!天然エピソードがひどすきる?

Sponsored Link

ジミー大西って誰?

ジミー大西ってお笑い芸人だよね?と聞くとそうなの?知らなかった~と答える人も多いのではないでしょうか。

ジミー大西画伯としての歴史は20年以上にもなります。

お笑い芸人としての印象を持つ人は中年当たりの方が多いのではないでしょうか。

番組の企画で絵画の才能を開花させたジミー大西ですが、最近メディアの露出も増えていますね。

Sponsored Link

画家ジミー大西の描く絵の価格はいくらぐらいするのか?

 

ジミー大西画伯が描く絵はドミナンカラー技法(同一色系で絵を表現し明るさはトーン調整する技法)的な感じで描いています。

絵画の勉強をしている訳ではありませんから、ジミー大西さんの感性で描いているのでしょう。

ジミー大西さんの絵の特徴は色をふんだんに使って表現する物が多く、抽象的な印象も受けますが現実的な絵も多く描いています。

最近では、絵を描く率が減っている様ですが、その辺りは本人次第と言う事ですからね~

気分が乗らないと筆が進まないと言うのは何となくわかりますからね。

ただ、世界的にはかなり認めてられる節のあるジミー大西さんですが、日本での評価が以外と低いとも言われています。

絵の勉強をした事が無い人が好き勝手に絵を描いているだけで技術もへったくれもないとの評価をしている様ですね。

技術がどうとかいう前に絵の価値ってその絵を見て気に行った人の価値観で判断すべきでしょうから、

ジミー大西さんの絵が好きと言う方もいれば嫌いと言う方もいても当然だと思います。

そうなるとジミー大西さんの絵の価格がどのくらいなのか?と気になりますよね。

ジミー大西さん自体はかなり低い金額で価格設定をしている様ですが、絵画のオークションにかかると100万円台の価格になってしまうようです。

そうなると一般の方にはちょっと手の届く金額ではなくなってしまいますよね。

またボージョレヌーボーのラベルに採用もされた事のある画家ですから、一枚200万円~の値段も付く作品もあるようですね。

お笑いの才能もあり画家としての才能もあるのは、ある意味天才の評価を下してもいいのかもしれませんね。

 


Sponsored Link



 

ジミー大西の天然エピソードはもはや神の領域!?

最近では画家のイメージが強いジミー大西さんですが、芸人時代には数々の天然エピソードが伝説のようになっています。

車の運転中、ワイパーの動きで催眠術にかかった様に寝そうになった。

明石家さんまさんが運転中、ジミー大西さんにバックするから後ろ見ていてくれと頼んだ所、壁にドンとぶつかっても、ジミー大西さん「オーライオーライ」と言い続けた。

ジミー大西さんが病院で点滴を受ける事になったところ「どうせ身体に入るのだからと言って」点滴を飲みほしてしまった。

当然看護士さんに怒られたそうです。

明石家さんまさんの付き人時代に、遅刻したジミー大西さんに、さんまさんが「俺を笑わせたら許してやる」

と言われて言った遅刻の理由は「向かい風だったから」これらのエピソードは氷山の一角です。

これを計算でしていたら笑いにはつながらないはずです。天然だからこそ、ジミー大西さんの魅力が発揮されたのでしょう。


Sponsored Link



 

まとめ

ジミー大西さんの絵画の値段が凄いと天然エピソードについて紹介してきました。

お笑い芸人としては、ピン芸人でステージに立って笑いを取ると言うより、相乗りして天然任せで笑いを取るスタイルですね。

いじられキャラ的ですが、月亭方正さんとは違ういじられスタイルになりますよね。

また画家としての才能は、感性豊かな表現が評価されているのでしょう。

技法にこだわりすぎていると本来の力を発揮できるタイプには見えませんからね。

絵は見た人は一瞬圧倒感に襲われる感じもするのではないでしょうか。

-関連記事-

〇ジミー大西の半生がドラマ化されるのはさんまからの提案?嫁が結婚した理由が深いい?>

#JIMMY OHNISHI #AKASHIYA SANMA #ART


Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link