北斗晶の仕事復帰が早すぎる裏事情って?佐々木健介との結婚に北朝鮮が関わっていた?

Sponsored Link

北斗晶さんの乳癌発覚

元プロレスラー同士のおしどり夫婦としておなじみの北斗晶さんと佐々木健介さんです。

この幸せな家族を襲ったのが、北斗晶さんの乳がんの発覚でした。

2015年9月23日に乳がんである事を発表してから北斗さんの闘病生活がはじまったのです。

 

Sponsored Link

北斗晶の仕事復帰が以外と早いのでは!?その意外な理由とは?

北斗晶さんが乳がんである事を発表したのが2015年9月23日。

自分のブログで乳がんである事を発表しています。

最近の女性の乳がんの発生率は14人に1人の割合だそうです。

45~50歳の女性の方の発症率がピークになりその後右肩下がりで減少傾向になります。

但し、乳がんを発症した方の死亡率は30%にも達します。

また死亡率は発症率と異なり右肩上がりで上昇していきます。

年齢が高くなればなるほど死亡率が高くなっていくことを差しています。

北斗晶さんはちょうど発症率が一番多い年齢層での発症と言う事になります。

また、ブログなどでは、右胸全摘でかつリンパ節にも転移が認められリンパ節の一部除去も行っています。

ガンのステージから言えばステージⅡbできわめてステージⅢに近かったそうです。

また北斗晶さんは「胸だけなら生存率は70%。

脇まで達していた場合には5年で生存率は50%」と明かしています。

これって結構、怖いどころの騒ぎではないと思います。完璧にパニックな状況だったのではないでしょうか?


Sponsored Link



 

北斗さんはガン克服の為に抗がん剤や放射線治療を行っているそうです。

この2つの治療は結構本人は厳しい物があると思います。

ある程度、症状が落ち着いた頃をみはからって、普通の生活に戻ると思いきや2016年11月29日にTOKYO MX「5時に夢中」でTV復帰しています。

ガン発表から1年2カ月での復帰ですから、何らかの事情があるのだと思います。

と言うよりか夫の佐々木健介さんの仕事が無く、生活の為の復帰とも囁かれています。

仕方がない事情とは言え北斗さんには厳しい決断だったのかもしれませんね。

 


Sponsored Link



 

北斗晶と佐々木健介の結婚には北朝鮮が関与か!?

北斗晶と佐々木健介は北朝鮮の策略結婚なのか?なんて思ってしまいそうですが、全くもって違っていました。

1995年にアントニオ猪木さん主催で北朝鮮でおこなわれた「スポーツと平和の祭典」で2人が出あったそうです。

同じプロレス業界だから親交があるかと思ったら、プロレス業界ってかなり厳しいルールがあるようで、男女同じリングに立つことはタブーだったようですね。

この祭典の夕食会で佐々木健介が北斗晶さんのノーメイクと女性らしさに惚れたらしくかなり、アタックしたようです。

ただ、北斗さんは「暗いし、つまらない人」と感じていたものの、まっすぐさに惹かれたそうです。

その後帰国して一カ月後にスピード結婚。

ホントに運命の出会いだったのでしょうね~。

鬼嫁とは言われている北斗さんですが、ホントは心の優しい方なんでしょうね~。

プロレスの時のメイクが悪役メイクでしたから、怖いと言う印象をどうしてももってしまいがちですからね。



Sponsored Link



 

 

まとめ

北斗晶さんの仕事復帰が早すぎると結婚には北朝鮮が関与か?について紹介してきました。

北斗晶さんは現在もTVで活躍しているので、順調な回復ぶりを見せているのではないでしょうか。

乳がんはさすがに、リンパに近い分だけ転移の可能性が高いですから、まだ安心はできないでしょうが、頑張ってもらいたいですね。

-関連記事-

〇北斗晶の息子の大学進学先が海外?佐々木健介が鬼嫁の前で泣く!

#HOKUTO AKIRA #SASAKI KENSUKE #ANTONIO INOKI


Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link