南谷真鈴が北極点到達!父が三井物産お勤めでサポートがあった?

Sponsored Link

南谷真鈴が北極点到達!父が三井物産お勤めでサポートがあった?

2017年4月19日に驚くようなニュースが全国を駆け巡りました。

20歳で大学生の女性、南谷真鈴さんが北極点に到達。

それだけでも凄いのに、エクスプローラーズ・グランドスラムも達成!

世界最年少での達成とは、若い力の凄さを実感しましたね~

 

Sponsored Link

南谷真鈴の北極点到達は予定よりも早かった!?

 

エクスプローラーズ・グランドスラムの最後を飾ったのが北極点到達。20歳で北極点。

普通の日本人の20歳の方ならまず、考え付かない行動だと思います。

今回の北極点に向かう日程は南谷真鈴さんによると14日間の予定を組んでいたそうです。

出発点がどこかはちょっと不明ですが、アラスカのどこかだと考えるとそこから2週間でしかもソリで、到達出来ると言う事は初めてしりました。

2週間とはいえ、そこは真冬の北極ですからね~寒さもハンパね~って感じだと思います。

やはり最北の地ですから、同行した外国人のプロ冒険家2名も体調不良で途中リタイアと言う事態も起こる等、様々な苦難があったようです。

白クマに南谷真鈴さんのソリが襲われ食料のサラミが強奪されるなどのエピソードもあったようです。

ドンだけ~って感じですよね~。

こんな、命がけのエピソードをサラっと言ってしまうのが、肝っ玉が座ったプロの冒険家と言う人達なのでしょうね。

そんなこんなでも、彼女の勝利の女神はついて回るんですね~北極が寒かったという事もあって、水中に入ったり、

迂回路を進む必要が全くなく、一直線に北極点に向かう事ができたそうです。

それも8日間で。予定より6日も早く到達するなんて、ツイテる人ってこんなもんです。

自分の努力もあってツキをようやく見方に出来るですが、南谷真鈴さんは何かを確実にもっている人なんでしょうね。


Sponsored Link



 

南谷真鈴の冒険には父のサポートが充実していた?

南谷真鈴さんは父親の仕事で、1歳半から海外での生活をしていたそうです。

貿易関係の仕事をしている父親と言うとかなりのエリートなのでは?そうなると、日本の一流商社と言えば三井物産・三菱商事などなどありますが、一般人の方なので明かされていないですね。

それに、それだけ海外に赴任できると言う事は仕事も確実にこなせる優秀な人物と言う事になります。

そなると、娘には全力サポートしてやる!と言う父親が多いと思うのですが、ところが、真鈴さんのお父さんは、そんじょそこらのお父さんとは違ったのです。

「このプロジェクトは真鈴のプロジェクトだから、自分で全てやりなさい。」とサポートするどころか、一から自分でやりなさいと。

さすが優秀なビジネスマンです。

自分で企画した物は自分でやり遂げる。

そこから南谷真鈴さんは、メールや電話でスポンサーを自ら探す事になります。

やっとの事で見つけスポンサーになってくれたのが、ユニクロだったようですね。

ちなみにユニクロの登山服はありませんので、スペシャル開発されたようですね~。

父親の力を借りずしてスポンサーを見つけ出すなんて南谷真鈴さんも営業マンとしての才能もありそうですよね。


Sponsored Link



 

まとめ

南谷真鈴さんの北極点エピソードや父親がスポンサーに?ついて紹介してきました。

このエクスプローラーズ・グランドスラムを企画した当初は高校生でしょうから、それを了承する親の考えも凄いですが、

力は一切貸さないと言う厳しい中での自らスポンサーを探しだすと言うこの真鈴さんの根性も凄いですよね。

自分の子どもがこんなこと言い出したら「熱でも有るのか?」って聞いちゃいそうです。

-関連記事-

〇南谷真鈴の意外な幼少期?早稲田大学までの道のりがヤバイ!

〇北極点到達世界最年少で『エクスプローラーズ ・グランドスラム』を達成した南谷真鈴ってどんな人?


#MINAMIYA  MARIN #Explorers Grand Slam

 


Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link