北極点到達世界最年少で『エクスプローラーズ ・グランドスラム』を達成した南谷真鈴ってどんな人?

Sponsored Link

エクスプローラーズ ・グランドスラム?

エクスプローラーズ・グランドスラムと聞いてピン!と来た方は登山の経験者の方が多いのではないでしょうか?

聞き慣れない言葉ですから、20歳の女の子が何かした程度として思っていたら大間違いですからね~。

 

Sponsored Link

北極点到達でエクスプローラーズ・グランドスラム達成!この南谷真鈴って誰?

2017年4月19日に世界最年少でエクスプローラーズ・グランドスラムを達成と言うニュースを耳にした方も多いと思います。

それも達成したのが、20歳の女性だったなんてびっくりですよね。この偉業を達成したのが南谷真鈴(まりん)さんです。

まずエクスプローラーズ・グランドスラム「冒険家が全ての試合で勝つ!」と言う意味になります。

全ての試合=世界7大陸の最高峰登頂と南北極点への到達を意味します。

これをたった20歳と112日の女性が達成したのは驚き以外の言葉が見当たりません。

自分が20歳の頃何してましたか?

こんな冒険なんて思いもよらなかったはずです。

それに最後の北極点到達のエピソードの中に「自分のソリに白クマがきて、リュックをあさられサラミを持って行かれた~」

なんて笑顔で話している姿は、まさに普通の20歳の女性のようでした。

こんなエピソードは「世界の果てまでイッテQ」のイモトさんくらいしかなさそうですけど、一般の方でも体験するんですね~。

こんな冒険を始めたのでしょう?普通はオシャレや彼氏などと楽しく過ごす年代ですが、過酷なチャレンジを思いついたのでしょうね~


Sponsored Link



 

南谷真鈴は真の冒険家!?

20歳112日でエクスプローラーズ・グランドスラム達成は世界最年少記録です

このエクスプローラーズ・グランドスラムを開始したのは2015年1月3日に。

南アメリカ大陸最高峰のアコンガクラ登頂から始まってたった2年で達成するとは、一気に全世界を巡ったと言う事になります。

そもそも山に興味を持ったのが、親の仕事で香港に滞在中に登山をした事がきっかけだったそうです。

それが13歳の頃ですから2010年くらいですね~ってそこから7年で世界一の冒険家の仲間入りですか~。

こんな彼女でも自然の恐怖を体験しているのです。

2015年の高校三年生の時に長野県八ヶ岳連峰の「阿弥陀丘」に登っている最中に滑落事故にあってしまいます。

滑落防止用のロープが絡まったのを取ろうとした時にバランスを崩したそうです。200mも転がり落ちる事に。

普通だったら大けが又は死亡事故につながる所、彼女は無傷?軽傷程度ですんでいます。

強運としか言いようがありません。

携帯で救助を要請する等かなり冷静だったのも訓練のたまものなのでしょうかね~。

普通に転んだだけでも痛いのに・・ここでよく皆さん考えてください。

彼女は2015年1月3日にアコンガクラ登頂しています。

次に8月6日にキリマンジャロに登頂成功しているので、

この間に滑落事故を起こしているのです。


Sponsored Link



 
それも高校3年の時と言っていますから2015年1月~3月の間と言う事になります。

普通、滑落したら恐怖で山に登りたいとは思わないですよね~。

ホントに山が好きなのか?真の冒険家なのかのどちらかだとは思いませんか?

まだまだ、彼女の冒険は始まったばかりのような気がします。

彼女の中にこの世で1つのお宝「ワンピース」を探し求め続けるのでしょうね。

 

まとめ

エクスプローラーズ・グランドスラムを最年少で達成した南谷真鈴さんについてざ~っと紹介してきました。

ニュースや画像を見る限り、こんな可愛らしい人が?と一瞬目を疑ってしまいました。

こんなに広い地球の最果ての地を全て踏破とは、驚きと称賛しかありません。

今後は海に出るようですが、どこまで彼女の冒険心は続くのでしょう。

活躍が楽しみですね。

-関連記事-

〇南谷真鈴の意外な幼少期?早稲田大学までの道のりがヤバイ!

〇南谷真鈴が北極点到達!父が三井物産お勤めでサポートがあった?

#MINAMIYA  MARIN #Explorers Grand Slam

 


Sponsored Link



 

Sponsored Link
Sponsored Link