滝沢カレンの日本語がおかしいのは何故?料理が上手いのが予想外?

Sponsored Link

ファッションモデル滝沢カレン

ファッションモデルとして有名な滝沢カレンさんです。

モデルさんだけにスタイルや顔は抜群にいいのですが、

なぜか話す言葉は支離滅裂?一体 どういう事なのでしょう?やらせ?

それとも障害があるのか?などネット上では話が右往左往しています。

参照→滝沢カレンのバラエティー 出演番組が増えた理由は?女優へ転身してたなんて?

 

Sponsored Link

滝沢カレンの日本語がおかしい理由は学校?親の躾?

2016年に放送されていた「人気者から学べ そこほめ!?SP」

滝沢カレンさんが出演された時に話題になったのが、

日本人なのに日本語がおかしい。

しかし言語学者の金田一秀穂さんの話によると、

どうやら「敬語をいっぱい使おうとしている」として謙虚な態度なのでは?

「親しみやすくもなるし愛らしくも感じられる」として最終的には

「彼女の魅力」とまで学者に言わせてしまう所が滝沢カレンなのかもしれない。

この時に、こんな言葉使いを教えてくれる学校に通っていたと発言しているが、

アナウンサーを教える学校?ここまで来ると訳がわからないです。

違う番組では滝沢カレンさんの母親と共演したときに母親が語った事が

「ロシア語を通訳していた時に、

片言の日本語をしゃべる方が周りに大勢いたために変な日本語になってしまった。

「私の躾が悪かった」と話しているが、正直それでは無いだろうと思います。

仕事で通訳をしていても2人の時間があるのだから、

普通に会話をできたはずですよね。

それにミス日本の宮本エリアナさんは「楽屋では普通に喋っていた。」

「あなた達のせいで、ハーフはバカだと思われている」

等と滝沢カレンさんにクレームをつけています。

度を超えた感じはキャラ感がありますが、

計算であのような日本語が自然と口に出るのもありえないと思います。

真相はやぶの中なのでしょうね。

 


Sponsored Link



 

滝沢カレンの料理がうまい!?

滝沢カレンさんの料理がうまい事がわかったのは、

テレビ番組の企画で2泊3日の同棲生活をおくる番組で、

相手はハンバーグ師匠の井戸田潤さんでした。

この時に滝沢カレンさんが信じられない料理の腕前を披露する事になったのです。

モデルさんのイメージだと自炊と言うイメージがわかないのですが、

ぶりの照り焼き、切干大根、卵焼きなどの和食メニューを披露しています。

あの顔でぶりの照り焼きに切干大根・・イメージが全く湧かない!

これだけでは止まらないのが、滝沢カレンさんです。

和食の次には洋食でガレットやアボガドのユッケのカプレーゼ等も披露しています。

この時の収録には自前で調味料を持参していたらしいです。

スタイルを維持するには自炊が一番なのでしょうかね~。

これでしゃべりがまともだったら、

テレビ出演も少なかったのかもしれませんね~


Sponsored Link



 

まとめ

滝沢カレンさんの日本語がおかしいと料理がうまいについて紹介してきました。

ハーフで有りながら日本人として生活を今までしているのですから、

もう少し上達してもいいはずなのですが、

やはりわざとなのでしょうか?

でもわざとで計算高く言葉が出て来るとは思えません。

判定はかなり難しいですよね。

料理上手と言う所はいいですね。

男の心を引きとめるのは最後は胃袋を掴んでいる方が有利といわれているくらいですから、

滝沢カレンさんはそこは大丈夫そうですよね。

#TKIZAWA KALEN

 

Sponsored Link
Sponsored Link